You Tuberを目指す人にとって、高性能カメラならどれでもいいってわけではありません。

まぁ、大は小を兼ねるって言いますけど。ぶっちゃけ使わない機能が充実していても無駄です。

近所のコンビニにジェット機で行くようなもんです。

てことで、今回はYou Tuberを目指す人が気にするべきポイントをお話したいと思います!じゃぁいってみよう!

まずはカメラ選びのポイントを押さえよう

 

  • 長時間撮影出来るもの
  • 光の感度がいいもの
  • 手ぶれ補正がいいもの
  • 自動ピント補正がスムーズなもの
  • 60FPS撮影が出来るもの(スロー再生する場合)

 

とりあえずはこんなもん。

ではそれぞれ説明します。

 

長時間撮影出来るもの

ビデオカメラなら基本的に心配はいりませんが、一眼レフだと「連続撮影は30分まで」とかけっこうあります。まぁ30分以内の切りのいいところできって、すぐにまた撮影を始めればいいのですが、これが意外とミスったりする。

実際に集中しすぎて、30分以降が取れてなったことが一回あります(;^ω^)

かなり痛いので、連続撮影時間は気にしておきましょう。

 

あとは直接の撮影時間以外にも、バッテリー、保存容量が関係してきます。

いつの間にか電源キレた・・・データの保存ができなかった・・・なんてことがないように。

 

 

光の感度がいいもの

F値やISO、SSなどで調整できますが、元から光の感度がいいものがいいです。

調整できるっていっても、やりすぎると画像にノイズが走ります。夜の撮影なんかもあるならなおさら。

 

もし、昼間のピーカンな天気で外での撮影の時など、光が強すぎる場合はNDフィルター等で調節するのがいいでしょう。

 

手ぶれ補正がいいもの

歩きながら撮影したりするときは、どうしても「ブレ」が発生してしまいます。小刻みなぶれっていうのは見ている側にとってもストレスです。

ドラマの撮影現場みたいにレールひいて、荷台みたいのにカメラ乗せて・・・なんてできたらいいですけど、機材運ぶの大変だし、そんな大掛かりな装置いちいち作ってられません(笑)

まぁ、撮影するほうの技術は常に磨いてもらうとして、、、

最近のカメラは手ぶれ補正が優秀になってきています。店員さんに「手ぶれほせいがいいやつどれっすか?」って聞けばいいと思います。

 

ちなみに・・・

 

編集時にソフトによってはぶれ補正ができますが、いろいろ面倒です。メモリもくうので、低スペックパソコンだととまることも。

YouTube上でもぶれ補正できますが、字幕とかつけちゃうと、こんな感じで逆に字幕がぶれるので要注意。あんまり補正されてないし(´・ω・`)

 

自動ピント補正がスムーズなもの

これも重要。

カメラによってはなかなか補正してくれない、もしくは、補正のたびに画面が動いてうるさかっりします。

 

自分で調節できればいいのですが…一人で被写体狙いながら、ピントの調整もするとか‥‥それはただのプロです(笑)

 

60FPS以上の撮影が出来るもの(スロー再生する場合)

FPSとは、一秒間に何コマ使うかを表したものです。

30FPSは一秒間に30コマ、60FPSは一秒間に60コマの画像を使って再生されます。コマ数が多ければ多いほど動きがなめらか。

 

人間の目は、30FPS以上になるとほぼほぼ違いを認識できません。なので、通常30FPSあれば十分です。

が、スロー再生を考えているときは60FPSあったほうがいいかも・・・

 

30FPSで撮影したものを2分の1のスピードで再生したっ場合、1秒間に使っているコマは15コマです。

さすがにスムーズネスが落ちます。

 

なので普段から60FPSで撮影しておくのがベストですが、そうするとデータのサイズも30FPSと比べて単純に倍です。

悩みどころですね。。。

 

僕のばあいは、ショートムービー等の作品を作るとき以外は、普段30FPSです。それでスロー再生してもユーチューバーとしては味のある動画になりますしね。

 


ひじりなぎさ

とりあえず適当にいろいろやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)